DDSアキラさんの肩と首をなおしました。

DDSはDD2と比べて可動域が広がった代償として、耐久性が落ちている気がします。

うちのあきらさんも先日腕をあげたら「パキッ」っと音がしてプラーンと。。。

元々DDS/DD3の上半身フレームは壊れやすいと言われているようで、DDSアキラから

若干対策もされているのですが、それでも壊れました。

オビツ50と同じ調子で動かすと確実にイキます。 怖いです。

価格が価格、しかも先行で優秀な製品が居るだけにここはしっかりして欲しいですねorz

と、いうことで交換するか直すかしかないのですが、上半身フレームはいつも在庫切れ

他のユーザさんも壊れる方が多い様ですので、一発直してみました。

素体と中身がそのまま載っているので、たたみます。

加工は「自 由 な 色 で 広 げ た い」さんに詳細な方法が載っていますので

参考にさせていただき、その通りにハンズで部材を購入、修理 先人方に感謝です。

普段あまりこういう工作をしないので、塩化ビニール用のカッターなんてものはなく

丁度あったのは木工用のノコギリ、これでも切れました。

切り口が大分ギザギザになるので、その後軽くやすりをかけてあげる必要がありますが…

修理前が以下の様な感じ。パッキリです。

DDS上半身肩リング割れ

DDS上半身肩リング割れ


そしてこれが修理後、とても頑丈そうになりました。

肩リング装着

肩リング装着


上半身フレームは首のボールにも問題があってそちらもパッキリとヒビが入っていたのですが

これは補強出来るものではなかったので、首パーツごと「ロックオン」さんの

可変首パーツ(オール金属版)に変更。 首の可動域も上がりますし、金属で破損の心配も少なく、良い感じです。

オビツ50は動かす時に関節が鳴るので壊れないか怖いのですが、こうしてみると

とても良く作ってあるのがわかりますね。

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.