9月 25


保障対象外の行為を行っています。 実施の際は自己責任で。

タイトル通り、本来であれば英数字しかSSIDとして設定出来ない

モバイルWi-Fiルータに、無理矢理日本語SSIDを設定してしまうメモ書きです。

例によって機器が故障する可能性が高いので自己責任でお願いします。

今回設定出来たのはL-04D、Docomoの小さなXi対応モバイルルータです。

姉妹機にL-09Cという先に出たバッテリ分大きな機種があります。

この機種はウェブのインターフェイスからSSIDの設定が出来ますが、

日本語SSIDは規格上定義されてないため受け付けられず、エラーとなり
ます。

今回はそれを無理矢理設定してしまいます。

●カラクリ
L-04DのSSID設定画面はウェブページのJavascriptでSSIDのバリデーションをしており

[設定]ボタンが押された時にそれが実行されます。

今回はそれが実行された後のデータを横取り、SSIDを日本語に

書き換えた上で送信することで、無理矢理設定を行います。

もちろん無理矢理なので、後でどういう誤作動が起きるかは分かりません。

●用意するもの
1.L-04D(Web画面の動き的にL-09Cでも行ける気がする)
2.Firefox
3.Firefoxに入れるTamperData Add-on

●事前準備
1.Firefox
設定を行うPCにFirefoxをインストールし、オプションからメニューバーを表示させておきます。

次にTamperData Add-onをインストール

再起動してメニューバーにTamperDataが表示されることを確認。

2.設定する日本語SSIDの生成
TAG index」さんの「URLエンコード・デコードフォーム」の様な

ありがたいページで日本語SSIDの文字コードを作成.

ちなみにiPhone/AndroidはUTF-8、WindowsはShift-JISで文字化けせずに表示できます。

今回は「人類は衰退しました。」を変換して

「%e4%ba%ba%e9%a1%9e%e3%81%af%e8%a1%b0%e9%80%80%e3%81%97%e3%81%b
e%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82」

としました。

●設定手順
1.L-04Dにログイン。
2.無線LAN設定を選択。
3.SSIDにとりあえず適当な文字列(aaaとか)を入れる。
4.FirefoxのツールメニューからTamper Dataを選択。
5.Windowが出るのでSart Tamperを選択。
6.設定画面の適用を押す。
7.Tamper with request?と聞かれるので、Tamperを選択。(Continueはしません。)
8.右側のPost Parameterのinput_text_SSIDにaaaとか入っていると思うので
それを事前準備で作成したコードに置き換えてOKを押す。 これでSSIDの設定完了。
9.UTF-8で作成したならiOS/Androidで,Shift-JISで作成したならWindowsでSSIDが日本語で見えているはず。

android_ja_SSID

ちなみに設定した後のL-04Dの設定画面がこんな感じ。
L-04D SSID

UTF-8にするとWindowsでは以下の様に文字コードそのままのSSIDで出るので読んで接続が必要.
Windows_ja_SSID_UTF-8

Shift-JISにするとWindowsでは綺麗になるけど、iOS/Androidでは表示が化けます。
Windows_ja_SSID_shift-jis

●注意点
エンコード後が92byte以下でないと、iOS/AndroidのSSID一覧には出ません。

これはWindows7では表示されるので、クライアント側の制限の可能性があります。

他にも文字列の種類によっては表示されません。

●まとめ
・L-04Cはクライアントが認識出来る文字コードを無理矢理設定すると、日本語SSIDが設定出来る。
・設定はFirefox Add-onのTamper Data等で行える。
・iOS/Android共通して、エンコード後93byteを超えるSSIDは一覧に表示されず接続出来ない。
 これはWindows7では表示されるのでL-04Dではなくクライアント側(OS)の制限の可能性がある。
 他にも文字列の種類によっては表示されないので、試行錯誤が必須。

以上、今回はそんな所で。

9月 6

※無保証 今回無線LANの設定をCLIから操作するので、動かなくなっても自己責任で。
説明も悪いので、読んで理解出来ない場合は諦めて下さい。

サマリー
1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。
2.iPhoneで(1)のAPに接続する。
3.iPhone上でRPSを起動してテザリングを有効にする。
4..Windows上のSOCKS Proxy Clientで通信を有効にする。

今回は
1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。
2.iPhoneで(1)のAPに接続する。
3.iPhone上でRPSを起動してテザリングを有効にする。
4.Windows上のSOCKS Proxy Clientで通信を行う。
をやります。 ようするに実行編。

○1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。

前回DLしたスクリプトを管理者権限で実行したcmd上で実行します。

この時PCの無線LANが5Ghz帯対応の場合、2.4Ghz帯Onlyにしておかないと上手くいかないかもしれません。

以下script実行画面 仮にHostedNetwork.batとしています。
———————————————————————–
D:\>HostedNetwork.bat
RPS Teher Setting script
for Windows7/8 RTM

1.W-LAN Network Setting for RPS
2.W-LAN Network Setting for DHCP
Select your network Setting:1
ホストされたネットワーク モードは許可に設定されています。
ホストされたネットワークの SSID が正常に変更されました。
ホストされたネットワークのユーザー キー パスフレーズが正常に変更されました。

ホストされたネットワークが開始しました。

ホストされたネットワークの設定
——————————
モード : 許可
SSID 名 : “hoge”
クライアントの最大数 : 100
認証 : WPA2-パーソナル
暗号 : CCMP

ホストされたネットワークの状態
——————————
状態 : 開始
BSSID : 00:24:d7:0f:42:65
無線の種類 : 802.11g
チャネル : 11
クライアント数 : 0

0 秒待っています。続行するには何かキーを押してください …

Windows IP 構成

Wireless LAN adapter ローカル エリア接続* 12:

接続固有の DNS サフィックス . . . :
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 13.37.13.10
サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . :

Wireless LAN adapter ローカル エリア接続* 11:

接続固有の DNS サフィックス . . . :
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.0.28
サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.0.100

— 余計なネットワークは省略しています. —

Script end.
———————————————————————–

上記の様な表示になり、StaticなPrivateIP 13.37.13.10が設定されたHostednetworkが作成されました。

○2.iPhoneで(1)のAPに接続する。

iPhoneのW-LANを有効にし、設定したSSID(この場合はhoge)に接続します。

詳細設定にて以下の様に設定します。

○IPアドレス
静的
IPアドレス:13.37.13.37
サブネットマスク:255.255.255.0
ルータ以下空欄
○HTTPプロクシ
オフ

上記の様な設定後、Windowsで設定したSSIDに接続を行います。

接続後はiPhone側でWiFiのアイコンが出ない可能性がありますが、支障はありません。

接続出来たら、確認のためWindows側からcmdで以下のコマンドを実行します。

>ping 13.37.13.10

反応が返ってくれば無事、AdhocではなくhostednetworkでiPhoneとWindowsが接続されました。

○3.iPhone上でRPSを起動してテザリングを有効にする。

今回はRPSを利用するので、RPSを起動し表示されるアイコンを

ハサミ->石->紙の順番でタップします。

テザリングの設定画面に遷移しますので、テザリングをONにします。

純正のテザリングと違い、アプリケーションをフォアグラウンドから外すと通信が止まりますので注意です。

○4.Windows上のSOCKS Proxy Clientで通信を行う。

今回はProxierを利用しましたが、ブラウジングだけならばFirefoxで十分です。

詳細はGoogle先生へどうぞ。

Windows PC上にProxierをインストールし、起動。

右端のProxy Serversをクリックし、設定画面を出します。

RPSに接続する為に、Add..ボタンで以下の設定を追加します。

Server
Address:13.37.13.37
Port:1080
SOCKS Version 5

これでOKボタンを押し詳細を閉じ、Proxy Serversウインドウも閉じます。

これでWidows8のDesktopアプリケーションでテザリングによる通信が出来ているはずです。

この手法はDesktopアプリのみでMetro Style Appsは制限から利用出来ません。

「EnableLoopbackUtility」等を用いることでアプリによっては可能の可能性も

ありますが、当方では今のところ殆ど上手くいきませんでした。

ただ単に無くなったAdhoc Networkの代わりにHostedNetworkを利用したという、単純なお話でした。
単なる設定手順の話なのにこんなにもエントリが冗長になるなんて、文章を書くを養いたいですね。

9月 5

※無保証 今回無線LANの設定をCLIから操作するので、動かなくなっても自己責任で。
説明も悪いので、読んで理解出来ない場合は諦めて下さい。

サマリー
1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。
2.iPhoneで(1)のAPに接続する。
3.iPhone上でRPSを起動してテザリングを有効にする。
4.Windows上のSOCKS Proxy Clientで通信を行う。

今回は

1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。

の準備をします。準備だけです。

WindowsでHostedNetworkを設定する。

前回も書きましたが、Windowss8からは無線LANのAhdoc通信を

作成するウィザードが削除されています。

機能的には残っているのかもしれませせんが、少なくとも

見つけられなかったので、HostedNetworkを用います。

HostedNetworkの説明は偉大な@IT様に投げます。
2.Windows 7を無線アクセス・ポイントにする新機能

今回設定するのは,RPSの設定サイトと同じIPを持ったネットワークを作成します。

http://jenifergfranklin.wordpress.com/tethering/#comment-7

一々コマンドを打つのも手ですが、テザリングをする度にコマンドを打って

無線LANの設定変更を行うのもアレなので、バッチファイルを書きました。

このままでは動きませんので、幾つか記述を変更する必要があります。

このバッチはRPS用に設定するか、DHCPに戻すか聞いてくるバッチです。

「1.W-LAN Network Setting for RPS」を選んだ場合

1.HostedNetwork「ローカル エリア接続* 12」を作成し、SSID:hoge KEY=hogehogeというネットワークを作成する。

2.作成された「ローカル エリア接続* 12」に対して、Static IP 13.37.13.10 255.255.255.0を設定する。

「2.W-LAN Network Setting for DHCP」を選んだ場合

1.「ローカル エリア接続* 12」をStatic IPからDHCPに戻す。

2. 作成されたHostedNetwork「ローカル エリア接続* 12」を停止し、削除する。

という挙動をします。

WordPressの制限で.batが利用できないので.txtにしています。拡張子を直してご利用ください。

バッチここから。 HostedNetwork.txt

バッチの内容は以下。

—————————————————————————————————–
@echo off
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::SOCKSを使うテザリングアプリの為にPC側のWLAN設定を済ませるScript::
::Windows8はadhoc network非対応の為,hostednetworkで代用する.:::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
echo RPS Teher Setting script
echo for Windows7/8 RTM
echo.
echo 1.W-LAN Network Setting for RPS
echo 2.W-LAN Network Setting for DHCP

set /P INPUT=Select your network Setting:

if %INPUT%==1 (
netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=hoge key=hogehoge
netsh wlan start hostednetwork
netsh interface ip set address “ローカル エリア接続* 12” static 13.37.13.10 255.255.255.0 none
netsh wlan show hostednetwork
timeout /t 5
ipconfig
)

if %INPUT%==2 (
netsh interface ip set address “ローカル エリア接続* 12” dhcp
netsh wlan stop hostednetwork
netsh wlan set hostednetwork mode=disallow
netsh wlan show hostednetwork
timeout /t 5
ipconfig
)

echo Script end.
—————————————————————————————————–
バッチここまで。

変更箇所としては以下の2つ。

1.SSD WPA2 KEYの設定をお好みにする。

2.ローカル エリア接続の名前を変更する。

バッチをDLしたら、
1.

>netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=hoge key=hogehoge

の箇所を変更します。

ssid=がSSID

key=がWPAのKEYを記述する場所になります。

2.

ローカル エリア接続の名前を変更します。

本来ならば無線LANですので、「ワイヤレスネットワーク接続」という表記なるはずですが、

試用した評価機材の関係でネットワーク名称が変更になっています。適時読み替え、スクリプトを修正してください。

>netsh interface ip set address “ローカル エリア接続* 12” static 13.37.13.10 255.255.255.0 none

>netsh interface ip set address “ローカル エリア接続* 12” dhcp

の”ローカル エリア接続* 12″の部分ですね。

これは新たに作成されるHostedNetworkの名前で自動作成される名前になりますので、今ある無線LANアダプタの名前を参考にします。

>コントロール パネル\ネットワークとインターネット\ネットワーク接続

とGUI画面から下るとネットワーク接続の一覧が出てくるかと思いますが、「ワイヤレス ネットワーク接続」という名前を探します。

もし、「ワイヤレス ネットワーク接続 3」など後ろに数字が付いている場合は「ワイヤレス ネットワーク接続 4」と言うように

スクリプト内の「ローカル エリア接続* 12」の数字を、ネットワーク一覧に表示される名前プラス1してください。

Hostednetworkはワイヤレスネットワーク接続ですので、今有るネットワークをインクリメントして名前を付けます。

先ほども書きましたが、ネットワーク名称は環境依存ですのでご自分のPCの無線LANアダプタにあわせ、バッチを修正してください。

バッチの修正は以上になります。

9月 4


このエントリによるWindowsはWindows8 Enterprise RTM(SA契約版)です。 端末はICONIA W500S.
よって10/26に発売予定の一般販売版Windows8でも通用する話題かと思います。

iPhoneの純正テザリング機能は、国内キャリアから

正規に販売されているiPhoneでは無効にされています。

3rd Appにて(話題になったNetShareの様に)幾つか

テザリングするアプリが公開されていますが、これらは

Windows PCと無線LANでAdhoc通信をする様に設定されており

Adhoc通信が削除されたWindows8では利用出来ません。

今回はAdhoc通信の代わりに、Windows7から搭載された

HostedNetwork機能を利用して、これらアプリでテザリングする方法を書きます。

ただし、この手法はDesktopアプリのみでMetro Style Appsは制限から利用出来ません。

「EnableLoopbackUtility」等を用いることでアプリによっては可能の可能性も

ありますが、当方では今のところ殆ど上手くいきませんでした。

※注意
自己責任で。
簡単なやり方しか書きませんので、詳細はGoogle様へ。

○用意するもの

・SOCKS5通信を用いるiPhoneテザリングアプリケーション。

有名なものとしてはNetShare.現在DL可能であれば*Rock Paper Scissors*かな。

・SOCKS Proxy Client

今回はProxiferを利用しました。 WideCapでも試しましたが

DNSの解決でどうもきちんと動かなかったので、こちらで。

ちなみにシェアウェアなので、実用になったらレジストをどうぞ。

○やり方
サマリー
1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。
2.iPhoneで(1)のAPに接続する。
3.iPhone上でRPSを起動してテザリングを有効にする。
4.Windows上のSOCKS Proxy Clientで通信を行う。

このブログで詳細に解説するのは

1.HostedNetworkを有効にして,PC上でW-LAN APを作成する。

のみです。Adhoc Networkingが利用出来ない以外はWindows7と同様ですので

他の手順は山ほどあるiPhoneのサイト様を参照してしてください。

長いのでエントリを分けます。